presented by
Menu
試合のコメント

「いい方向に向かっている」

4:1と勝利、ホーム4勝目を飾り、5位に浮上。アイントラハト・フランクフルトに快勝した後のFCバイエルンのムードはもちろんベストだった。ルイス・ファン・ハール監督は「われわれの今季のベストゲームだったと考えている」と試合後にチームを称賛。「今日はとても嬉しい、いい方向に向かっていると考えている。」



コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「おそらくわれわれの今季のベストゲームだったと考えている。アイントラハト・フランクフルトはとてもコンパクトにディフェンスをしてきた、そこではいつも難しくなる。それでもわれわれは多くのチャンスを作りだした。しかし私がみて最もすばらしかったことは私の選手たちが示した確信と情熱。これを観衆も気がつくことになった。今日はとても嬉しい、いい方向に向かっていると考えている。3位にあと勝ち点3ポイント、これは最低限のもの、これに到達しなければならない。」

マリオ・ゴメス:「今日はとてもいいホームゲームになったと思う。とくに後半は自分の考えではとてもすばらしかった、うまくゴールを奪えた。よりゴールを奪うことができていたけどね。多くの勝ち点を取り戻さなければいけないと分かっている、これを試みることになる。」

ミヒャエル・スキッベ (フランクフルト監督):「前半はいいゲームをして、うまく窮地を脱することができた。後半には重圧が大きくなり過ぎた。ここから抜け出すことができなかった。2得点でゲームは決まった。ハーフタイムまではチームの出来にとても満足していた。」