presented by
Menu
試合のコメント

「チームのとてもいいゲームだった」

ベスト16進出。FCバイエルンはルーマニアのCFRクルージュに4:0と快勝し、CLGL第4節で決勝トーナメント進出の切符を手に入れた。ルイス・ファン・ハールは「私のチームのとてもいいゲームだった」と喜んだ。カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長はほかの理由から大きく喜んだ:「これでブンデスリーガに全神経集中できる。」


コメント一覧:

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「チームはとても規律をもって、いいプレーをしてくれた。われわれはこの勝利で決勝トーナメント進出を果たし、スタート新記録も樹立した。これでブンデスリーガに全神経集中できる。今後の週で上位に浮上することができると希望を抱いている。」

ルイス・ファン・ハール:「私のチームのとてもいいゲームだった。われわれのポゼッションゲームがとくに気に入った、とても良かった。うまく前線へとプレーできた。マリオが3得点を決めた、これはとてもいいことだ。」

マリオ・ゴメス:「自分たちは試合に勝つつもりだった、これを達成できた。ミスがあった始めの10分間を除いて、自分たちはいいゲームができた。後半の始めも集中していなかった、そこでは本当についていた。だけど大半において勝利に値するゲームだった。自分たちはベスト16進出を決めたことをとても嬉しく思う。」

フィリップ・ラーム:「CLのアウェー戦で4:0はすばらしい結果。始めから集中してピッチに立った。自分たちの始めのチャンスを活かして、1:0の後はいくらか簡単なゲームになった。全体的にチームのとてもとてもいいパフォーマンスだった。始めからピッチ上で存在感があり、相手に今日は勝ち点を与えないということをすぐに気づかせることがアウェーではとてもとても大切なんだ。これをとくに前半に目にすることになった。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「重要な勝利だった。予選突破できた。CLでスタートから4連勝できたことはすばらしいことだね。これで今欠けているのはブンデスリーガでのいくつかの勝ち点、だけどこれはまだこれからついてくるものだ。」

ヨルク・ブット:「前半にとても集中してプレーをして、自分たちのチャンスを活かしたと思う。その後にはボールをうまく動かすことができた。これを後半も続けるつもりだった。そこではクルージュに何度かチャンスがあった。だけど彼らが後半15分または25分からフィジカルに問題がでてくるとも分かっていた。得点差に値する勝利だった。後方は堅実で、前線では得点を奪う、これをブンデスリーガで続けなければいけない。」