presented by
Menu
ダービー戦のコメント

「チームは特別な称賛を受けることになる」

3得点、勝ち点3ポイント奪取、そして順位浮上 - 1.FCニュルンベルクとのダービー戦に3:0と勝利した後にFCバイエルンの世界は正常な状態になった。カール=ハインツ・ルンメニゲは「今日はいいゲームをしていた、これから勝ち続けなければいけない」とコメント。ルイス・ファン・ハール監督は彼のチームを特別に「称賛」した:「今日は卓越したゲームだった。」


コメント一覧:

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「順位をあげるために勝ちたかった、これがうまくいった。今日はいいゲームをしていた、これから勝ち続けなければいけない。しかしわれわれが今、至福感に浸ってはいけない、まだ大きな遅れを取り戻さなければいけない。」

ルイス・ファン・ハール:「今日は卓越したゲームだった、チームは特別な称賛を受けることになる。前半とてもいいプレーができていた。そこでチャンスを与えず、ゴールを決めて得点機を作りだした。しかしながら再びおかしなことに後半の10、15分間いいスタートがきれなかった。2:0で試合にケリをつけた、フィリップがうまく決めてくれた。デミチェリスが前半いいプレーをしていた、それとシュヴァインシュタイガーの新しい役割はとても合っていると私は思っている。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「ニュルンベルクはここ数年よりもいいゲームをしている、だけど自分たちは彼らを上回るチームで勝利に値していた。グラッドバッハでのドローはなくてもよかった。だけど今はこれでいい。レヴァークーゼンでも勝ち点3ポイントを奪えるようにしなければいけない、勝てればいいね。」

ディーター・ヘッキング (ニュルンベルク監督):「FCバイエルンの勝利を全く疑うことはない。試合前に私はニュルンベルクにいるいくらかの人とは違い、至福感に浸っていられなかった。前半は私の感覚を証明していた。そこで今日はゲームに敗れてしまった。後半にはうまくでてきて、ついていればこの時間帯に同点にすることができていた。だけど2:0でゲームはFCバイエルンに決まってしまった。」