presented by
Menu
ゴメス、ゴール量産

「好調」 - 次節でも得点を奪う

マリオ・ゴメスが火曜夜、「永遠の都」で2得点を奪う前から、ローマにあるFCバイエルンのチーム宿舎の丘はすでにモンテ・マリオと呼ばれていた。FCバイエルンも特別に名を改めることはしないが、今のところFCBは今のところFCマリオといっても過言ではない。マリオ・ゴメスは目下のところ、ドイツレコードマイスターのゴール量産機。これは土曜日のフランクフルト戦においても再びスムーズに事が運ぶことになる。今節、アリアンツ・アレーナにアイントラハト・フランクフルトがやってくる。

スーパーマリオはFCバイエルンの過去公式戦10試合において14得点を奪った、フランクフルトとの過去のブンデスリーガ7試合では5得点を決めている。この好調がもちろん土曜も続くことになる。ゴールゲッターは「自分のベストを尽くすことになる」とfcbayern.deにコメント。

「調子がいい」

彼は木曜、アイントラハト戦に向けて同僚とシュート練習に励んだ。ゴメスはこのなかでも決定力があるところを証明。「調子がいい。ボールが入るんだ」と彼は後でコメント、「楽しんでやっている、だけど日々ハードにトレーニングしている。これをこの数週間それから数ヶ月とやっていくことになる、この調子を維持するためにね。」