presented by
Menu
FCB、浮上ツアー再開に意欲

ダービー戦の勝利は義務

FCバイエルンのファンにとってブンデスリーガの今現在の順位表は喜びをもたらすものではない。シーズンの序盤戦終了後、ディフェンディングチャンピオンの順位は9位。金曜夜に首位ボルシア・ドルトムントがハンブルガーSVに勝利したことにより、勝ち点差は15ポイントとなった。ニュルンベルクは今現在7位とバイエルンを勝ち点2ポイント上回る。しかしこれは今節に変更されることになる。

カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長は「大切なポイントを取り戻すために今後勝ち続けることが必要になる」と1.FCニュルンベルクとの第181回バイエルン-フランケンダービーを前に要求した:「順位表をみれば勝利以外は許されない。」

バイエルンは日曜、完売になったアリアンツ・アレーナでの勝ち点3ポイントによりニュルンベルクを追い抜くだけではなく、上位チームとの差を埋めることができる。ルンメニゲは「前節は小さな休みで日曜日から浮上していくことを望んでいる。」

バイエルンは数日間経った後も先週末にグラッドバッハで3:3と引き分け、勝利を逃したことを悔やんでいる。スポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーは「今でも痛いことだ」とFCB.tvにコメント。マリオ・ゴメスは「そこであってはいけないことが起きた」と木曜日に話した。バイエルンのゴールゲッターは過去数試合の好調を維持して、ニュルンベルク戦でもゴールを決めるつもりだ。「自分たちはポイントを与えることはもうできない」とゴメスは強調した。

FCNに敗れた最後のホーム戦は18年前

バスティアン・シュヴァインシュタイガーは「ニュルンベルクは自分たちよりも上位にいる、彼らを追い抜くつもりだ」とブンデスリーガでは53度目となるダービー戦を前にコメント。FCバイエルンはホームゲーム10試合以来、FCN相手に負けがない。最後にホームで敗れたのは1992年の3月。ネルリンガーは「今回はより衝撃が含まれている」とニュルンベルクがダービー戦前に4年ぶりにFCバイエルンよりも上位にいる状況についてコメント。ニュルンベルクは11試合で勝ち点18ポイント、これは1995年の勝ち点3ポイント制導入以来では初のことである。