presented by
Menu
「Win-Winシチュエーション」

ニュルンベルク移籍&ミュンヘン復帰

FCバイエルンと1.FCニュルンベルクの対戦には長い歴史がある。日曜日にアリアンツ・アレーナでブンデスリーガでは53度目のバイエルンダービーが開催される。数多くの選手がFCバイエルンおよびニュルンベルクのユニホームを着ている、そのなかにはバイエルン会長ウリ・ヘーネス、ハンス・ドルフナー、ノルベルト・エデル、ベルトラム・バイアーロルツァーまたはローランド・グラハマーらがいる。

サミー・クフォーも両チームでプレーした選手のうちの一人。同DFは1995/96シーズンにミュンヘンから当時2部のニュルンベルクに1年間レンタル移籍、そこで試合経験を培った。レコードマイスターはここ数年間このモデルを継続 - アンドレアス・オットルとブレーノが昨季同クラブでプレー、今はメーメット・エキッチが所属している。

スポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーは「選手が伸びる、週に一度のペースで行われるブンデスリーガの負荷によりFCバイエルンにとって興味深い選手に成長することを望んでいる」とレンタル移籍の目標をfcbayern.deにコメント。ネルリンガーは「1.FCニュルンベルクだけではなく、これが拡大していくことになると思っている」と強調した。

とくにユースまたはサテライトからブンデスリーガへ飛躍したい育成選手にとってはこの「中間ステップ」(ネルリンガー)はとても効果的である。バイヤー・レヴァークーゼン(トニー・クロース)、VfBシュトゥットガルト(フィリップ・ラーム)またはハンブルガーSV(マルクス・バッベル)らほかのクラブもバイエルンの選手から得をしている。彼らはブンデスリーガで通用することを各クラブで証明した。

スポーツ面で成功

オットルは「自分にとっては正しい決断だった」と2010年1月のニュルンベルク移籍について回想していた。降格危機にあるクラブとともに残留することは当時、「大きな挑戦」だったと25歳はコメント。「そこで17試合通じて出場することができた。」同クラブへの移籍は「スポーツ面で成功」しただけではなく、「とてもいい感じでできていた。」