presented by
Menu
「上位浮上ツアーが始まる」

バイエルン、リーガに焦点を合わせる

FCバイエルンがルーマニアのCFRクルージュに4:0と快勝、この結果、早期にCL16強進出を決めた。同時にCL開幕4連勝とスタート新記録も樹立した。しかし、バイエルンが満足することはない。

カール=ハインツ・ルンメニゲが「すぐにブンデスリーガでも上位浮上ツアーが始まる」とトランシルヴァニアでリーガでの追撃に号砲を鳴らした。「われわれは今、今夜の勝利で少しばかりブンデスリーガにより焦点を合わせることができる。上位にいるライバルに自分たちの実力を示すのにはいい時期だ: FCバイエルンはCLとカップ戦だけに強さを発揮するのではない。」

マリオ・ゴメスのハットトリック(12.、24.、71.)とトーマス・ミュラー(90.)の得点が快勝をもたらした。ルイス・ファン・ハールは彼のチームに「とても満足していた。われわれが今日とてもいいゲームをしたと思っている - 前後半の10分間を除いてね。われわれはとてもいいポゼッションゲームを示し、前線へとプレーすることも忘れていなかった。とてもすばらしいゴールを決めた。われわれが少しばかり誇ることができる最初の試合だった。」

ネルリンガー、大いに楽しむ

FCバイエルンがルーマニアのホームチーム相手に苦戦したのはハーフタイムの後だけだった。ダニエル・ファン・ボイテン(49.)、ポスト(51.)とヨルク・ブット(68.、69.)がミュンヘンのゴールを守った。ゴメスは「そこでは本当についていた」と述べた。「それでも本当に勝ちに値するゲームができた」とCLでは初のハットトリックで6試合中5勝目に大きく貢献した同FWは話した。「試合ごとによくなっている、着実に復調してきている。」

ファン・ハールはアウェーでの一戦を2週間前のミュンヘンでのホームゲームよりも「とてもよくなっている」と評した。「パフォーマンスは上がり、選手たちの自信を大きくなっている。これによりバイエルン・ミュンヘンのサッカーを魅せられる」とコメント。クリスティアン・ネルリンガーはこう述べた:「チームを観ることに今日は大いに楽しめた。自分たちはいい方向に向かっている。」