presented by
Menu
2勝1分け

バイエルンCL対戦相手、リーガで黒星なし

FCバイエルンのCL対戦相手が週末、勝利を収めた。ASローマとCFRクルージュが国内リーガで白星をあげるなか、FCバーゼルだけがトップゲームで引き分けた。fcbayern.deが週末のゲームを振り返る。

準VマイスターのASローマはイタリアセリエAで前進する。首位のラツィオ・ローマとのダービー戦でFCバイエルンの次節対戦相手がリーガ第10節に2:0と勝利し、7位に浮上した。マルコ・ポッリエッロ(52.)とミルコ・ブチニッチ(87.)が2度PKを決めて、ローマの今季4勝目を確実にした。同チームはここ4試合黒星がない。

ローマ、ラツィオの連勝を止める

ラツィオはここまで5連勝していた、しかし第167回の首都ダービーは主将フランチェスコ・トッティを出場停止で欠くローマがラツィオを下した。スコアレスで前半が終了、ラツィオのステファン・リヒトシュタイナーがハーフタイム後にハンドをしてPKを献上、これをポッリエッロが1:0の先制につなげた。

水曜日にバーゼルで試合があったローマは残りの時間帯で体力を失い、ラツィオは力ずくで同点を目指した。エルナネスはASGKジュリオ・セルジオ、フロッカリはゴールバーおよびフォッジャはポストに得点チャンスを阻まれた。途中出場のジュリオ・バチスタへのディアスのファウル後、ヴチニッチが終了3分前に決勝弾を奪った。

バーゼル、首位キープ

ルーマニアのCFRクルージュは0:4とFCバイエルンにホームで敗れたショックから立ち直り、5位のディナモ・ブカレストを1:0で破った。クロアチアのササ・ビエラノヴィッチが前半25分に決勝弾を奪い、クルージュに今季5勝目をもたらした。クルージュは勝ち点19ポイントとなり、順位を9位に上げた。

スイスマイスターとカップ戦優勝のFCバーゼルは勝つことができなかったがAXPOスーパーリーグでの首位をキープ。トルステン・フィンク監督率いるチームは後続のFCルツェルンと対戦して1:1と引き分け、14試合中勝ち点26ポイントとルツェルンおよび同勝ち点のFCチューリッヒを勝ち点1ポイント差で上回った。途中出場のフェデリコ・アルメラレスは終盤、FCバーゼルに勝ち点1ポイントをもたらすゴールを決めた。ネルソン・フェレイラがすでにスコアレスの前半後の後半19分、ホームチームに先制弾をもたらしていた。