presented by
Menu
チーム練習合流

ファン・ボンメル、リベリーとコンテントが復帰

「ヘイ、ボンメル!戻ってきたの?」 - トーマス・ミュラーが水曜昼、マルク・ファン・ボンメルの復帰を驚き、喜びそれから笑顔で歓迎した。ファン・ボンメルは右ひざの故障のために4週間休養した後にチーム練習に参加。オランダ人が同日、チーム練習にカムバックした唯一の選手ではなかった。

フランク・リベリー(右足首負傷で7週間離脱)とディエゴ・コンテント(鼠径ヘルニア手術から6週間離脱)らもピッチ上で練習を行った。ブレーノ(前十字靭帯損傷から8ヶ月)も彼のリハビリプログラムの範囲内においてチーム練習に参加することができた。

カール=ハインツ・ルンメニゲは「信じられないほどの集中力と積極性」のなかで行われた90分間の練習を視察、復帰組は大量の汗を流し、喜びとともにロッカールームに足を運ぶことになった。リベリーは「楽しむことができた、とても嬉しい」とfcbayern.deにコメント。フランス人の足首に痛みはない、しかしながら彼はまだ毎日ウェイトルームにおいてリハビリをしている。「まだ万全ではない、トレーニングをしなければならない」と彼は説明した。

コンテントもフィットネスはまだ良くなるとfcbayern.deに語った。「一ヶ月も休んでしまった。感覚を再び取り戻すのは大変。」しかしながら調整不足を補わなければいけないという気持ちよりもカムバックへの喜びの方が明らかに大きかった。「とてもいい感じ」とコンテントは彼がピッチを去る前に話した。

コンテント、リベリーとファン・ボンメルは1.FCニュルンベルクとのホームゲームでレコードマイスターのメンバーに復帰する可能性がある。彼らは少なくとも短い時間の出場を望むことができる、ルイス・ファン・ハールは復帰組の負荷を少しずつ上げていくことになる。

リベリーは「もちろんプレーするつもり、だけど自分にとってはトレーニングが大切」とトレーニングの重要性を語った。バスティアン・シュヴァインシュタイガーも「このような長期離脱後はもちろん我慢しなければならない」と述べた。同MFはファン・ボンメルとリベリーら2人の主力が復帰したことを喜んでいる。「彼らがいることはチームにとってプラスだよ。」