presented by
Menu
念のための措置

ファン・ボンメル、代表戦帯同を辞退

マルク・ファン・ボンメルは実際、右ひざの故障から回復後、オランダ代表でカムバックを果たす予定だった。トルコ代表とのフレンドリーマッチの一戦でFCバイエルン主将が45分間出場することはオランダ代表監督ベルト・ファン・マルヴァイクとの話合いで決まっていた。しかしそれが実現することはなかった。ファン・ボンメルは水曜日、ミュンヘンに戻ることになった。彼のひざに再び問題が発生した。

オランダサッカー協会(KNVB)はファン・ボンメルが水曜朝、前日にアムステルダムでトレーニング参加した後に「軽い違和感」を訴えたと発表した。「メディカルスタッフとの話合いにより、ベルト・ファン・マルヴァイク監督が念のために代表キャップ数67の代表選手をトルコとのフレンドリーマッチで出場させないことを決めた」とKNVBは説明した。

FCバイエルンは10月中旬のユーロ予選スウェーデン戦でひざを負傷したファン・ボンメルを6週間起用することができなかった。チームドクターのDr.ハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファートは当時、右ひざに血腫を伴う筋膜断裂と診断した。ファン・ボンメルは先週末に再びメンバー復帰、しかし1.FCニュルンベルクとのホームゲームでは出番がなかった。