presented by
Menu
口頭で合意

フィリップ・ラーム、2016年まで契約延長

FCバイエルンが今後のプランを進行させる。レコードマイスター取締役は代表DFフィリップ・ラームと2016年6月30日までの早期の契約延長合意に至った。26歳のSBは近日中にサインをすることになる。

カール=ハインツ・ルンメニゲ代表取締役社長は「われわれのチームの大切なプレイヤーと長期に契約延長できたことをとても嬉しく思っている」とクルージュからFCバイエルンが出発する前にコメント。ラームの契約は2012年6月30日に満了する予定だった。

ミュンヘン出身の彼は1995年からFCバイエルンに所属、2003年から2005年には2年間VfBシュトゥットガルトにレンタル移籍していた。それ以来、彼はレコードマイスターでブンデスリーガ148試合に出場し、4得点を決めている。この間に3度ダブルタイトルを獲得している。

ラームは一試合の途中交代を除く過去公式戦78試合にフル出場。クルージュでの一戦は彼にとってFCBではCL37試合目となった。

彼はドイツ代表でも主力として活躍する。彼の代表キャップ数は75。W杯南アフリカ大会以降、ラームはキャプテンマークをつける。FCバイエルンではマルク・ファン・ボンメルに次ぐ第2主将。