presented by
Menu
逃したハットトリック

マリオ・ゴメス、ほぼパーフェクトな1日

マリオ・ゴメスが1.FCニュルンベルクとのダービー戦で2ゴールを決めていた。彼がハットトリック達成のビッグチャンスを逃すつもりはなかった。トルステン・キンヘファー主審がPKを決断した後、同代表FWはボールを手に持ち、PKスポットへ。集中した眼差し、そして素早い助走から彼が渾身の力でシュート、大きく枠を外れた。ゴメスは彼のユニホームで自身の顔を覆った。

しかしながらこの夜、これは必要ではなかった。試合終了直前のシュートミスにもかかわらず、彼をマン・オブ・ザ・マッチに選出したのはサッカー専門誌キッカーだけではなかった。ゴメスはリーガ過去5試合7得点およびCLクルージュ戦2試合で4得点と彼は実際、FCバイエルンのここ数週間のMVP。代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは「彼は過去数週間とても成功あるプレーをしてきた。彼の決定率はすばらしい、われわれがとても満足できる」と称賛した。

ゴメスは試合後、それでも怒りを露にした。「最後に3:0、2ゴールを決めて、PKのチャンスから3点目を決められなかった - これはもちろんとても憤慨することだ」と25歳は試合後にマイクを通じてコメント:「できるだけ多くのゴールを奪うつもり。PKが決まっていれば、パーフェクトな一日になっていただろう。」

彼はこのPKを決めることを「ほぼ100%確信していた」。「ラファ(ラファヘル・シェーファー、ニュルンベルクGK)がどちらに飛びのかも分かっていた、ボールを単純に隅に蹴り込むつもりだった。これはここまでいつもうまくいっていた、トレーニングでも。もしかすると確信し過ぎたのかもしれない」とゴメスは説明、同FWはこれまでブンデスリーガでPKを外したことがなかった。彼の理論どおりに実践でうまくいくことはなかった。ルンメニゲは「残念ながらPKが彼から逃げていってしまった」とニコリと笑った。