presented by
Menu
ウンターハッヒングとテストマッチ

リベリーが75分間、ブレーノとコンテントはフル出場

FCバイエルンが2:1で勝利、急遽組まれたSpVggウンターハッヒングとの一戦のポイントは後半30分および45分だった。フランク・リベリーが3部相手に75分間試合勘を培い、ブレーノとディエゴ・コンテントは90分間フル出場を果たした。ルイス・ファン・ハールは「われわれの故障上がりの選手たちに出場機会、それから試合のリズムを与えるのが目標だった。これを実践した」とコメント。

リベリーも右足首を故障して以来のスタートからの出場後、ポジティブにまとめた。「いい感じ、再びプレーしたことをとても嬉しく思う」とフランス人は交代後にfcbayern.deにコメント。彼はハッヒング戦で何度かドリブル突破、1アシスト、1ゴール(オフサイドポジションのためにゴールにはならず)と彼の能力を再三に魅せた。

リベリーは「最も大切だったのは75分間プレーしたことだった。リズムをつかむためにね」と説明した。MFは100%に向かっていると自身をみている:「いいトレーニングをしている、試合時間がまだ欠けている。リズムがつかめれば、よりいいプレーができると考えている。」

これは8ヶ月ぶりに90分フル出場したブレーノ、それからコンテントにも言える。コンテントは鼠径部を手術してから7週間後に90分間フル出場、彼はとても疲労してピッチを去ることになったと語った。「このような長い離脱後には通常のこと。だけど満足している、そしてとても快適に感じる」と彼はコメント。