presented by
Menu
再びメンバーは18人

リベリーとチームメートが復帰

メンバーに多くの復帰組をかかえたFCバイエルンが日曜、1.FCニュルンベルクとダービー戦を迎える。ルイス・ファン・ハール監督は金曜、フランク・リベリーとマルク・ファン・ボンメル主将そしてブレーノもメンバーに入ることを示唆した。ディエゴ・コンテントも再びスタンバイができている。ファン・ハールは「19人ほど万全な選手がいる」とコメント、同監督はこれで数週間ぶりに1人ほどベンチに入れることができない:「また選考しなければいけない。」

FCバイエルンの人手不足がようやく解消されつつある。ニュルンベルク戦ではイヴィチャ・オリッチ、アリエン・ロッベン、ミロスラフ・クローゼとホルガー・バドシュトゥバーら4選手が欠場する。ファン・ハールは一時期、10選手を起用することができなかった。「チーム全体で練習ができたのは今季初めてだった」とバイエルン監督に安堵感が漂っていた。

ファン・ハールは復帰組がスタートからプレーすることはないとも強調していた。「メディカル的にいくと彼らは再び万全、だけど彼らにはまだ試合勘が戻っていない。彼らは遅れを挽回する必要がある: コンディション、ボールコントロール、コンビネーションなど」と59歳のオランダ人は話した。ジョーカー的な起用法も試合状況次第:「3:0であればわれわれにとってはいつもより簡単なことだ。」

ファン・ハールが日曜、クルージュおよびグラッドバッハの一戦と同じスタメンをピッチに送りだすことになりそうだ。トーマス・ミュラーもおそらくベンチスタートになりそうだ。「彼はもう少し待たなければいけない、チームがいいゲームをしていたからね」とバイエルン監督はコメント。