presented by
Menu
Wカムバック

リベリーとブレーノが復帰

FCバイエルンと1.FCニュルンベルク間で第181回バイエルンダービーが行われて1時間余り、アリアンツ・アレーナで拍手喝采となった。フィリップ・ラームがドイツレコードマイスターにPKから2:0の得点をもたらした、しかし6万9千人を熱狂させたのは次なる結果だった: ルイス・ファン・ハール監督がフランク・リベリーにアップをさせた、「リベリー、リベリー」の声援がフランス人をかき立てた。

後半25分、ついにこのときがやってきた: 27歳MFが1899ホッフェンハイムで足首を痛めてから7週間半後、カムバックを果たした。ブローニュ=シュル=メール出身のサイドアタッカーが復帰後の20分でセンセーションを巻き起こした: ゲームを楽しみ、瞬発力のある彼はニュルンベルクの右サイドを切りさき、バイエルンの数多くの攻撃に絡んだ。

代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは「彼が戻ってきたことをとても喜んでいる。われわれのゲームにとってとてもいいこと、それからこの武器をうまく投入できた」とフランスMFを称賛した。スポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーは「彼はすばらしい印象を残した、すばらしいアクションだった。とてもキレがでていた」と続けた。

交代してすぐにリベリーは左サイドでニュルンベルクのユーリ・ユートを振り切り、トーマス・ミュラーに精密なクロスを上げた。同MFは至近距離からGKラファフェル・シェーファーの前に得点ならず。彼はマリオ・ゴメスへの精確なクロスにより3:0の得点をアシストできた、試合終了直前にはミュラーへの見応えのあるスルーパスとともにPKを誘った。しかしゴメスがこれを決めることができず。

2人の復帰組を称賛

ファン・ハールは「彼のことが必要だった、ニュルンベルクが攻め上がらなければならない状況で彼がとても危険な存在になることができるからね」と試合後にコメント、背番号7が「再び万全」なことを喜んだ。ファン・ハールはリベリーの輝くプレーからゴールがこれ以上生まれなかったことを残念がった。「彼は3ゴールアシストすることができていた、だけど2アシストは活かされなかった。彼にとってはとても残念なことだ。」