presented by
Menu
ローマ戦

勝ち点1で1位通過&無敗記録を更新

ASローマ戦の話しに及ぶ前にカール=ハインツ・ルンメニゲがFCバイエルンの満足のいかないブンデスリーガの順位を分析した。「順位には満足していない、だけどこの批判に対立したい。公式戦9試合負けなし、グラッドバッハおよびレヴァークーゼンでもとてもいいサッカーをしていた時間帯があった」とレコードマイスター代表取締役社長が月曜朝、永遠の都に出発する前に強調した。

ルイス・ファン・ハール率いるチームはルンメニゲが指摘した2試合で自ら勝利を手放して引き分けた。「ディフェンスのミスをわれわれは止めなければいけない。」独走する首位ボルシア・ドルトムントとは勝ち点14ポイント差だが彼がタイトルを諦めることはない。「これはとてもとても大きい。だけど自分は戦うことに慣れている、最後の一戦まで戦うつもりだ。」

CLでの状況は全く異なる。4試合4勝 - バイエルンはすでに16強進出を決めている。火曜夜のスタディオ・オリンピコでグループ1位を決定するつもりだ。このなかドローでも1位通過の可能性がある。フィリップ・ラームは「1位を確定するために明日は少なくとも勝ち点1ポイントを奪いたい」とベスト16の抽選における1位の重要性を説いた。グループ1位はほかのグループ2位と対戦することになる。

ルンメニゲは「UEFAランキングと多くのお金のために勝ち点が重要」とローマでの勝ち点2ポイントが成功に結びつくと述べた。バイエルンは白星とともにセリエAに対するブンデスリーガのリードを広げ、ドイツを4つ目のCL出場枠獲得に向けてまた一歩近づけることになる。それにこの勝ち点3ポイントがUEFA賞金800.000ユーロをミュンヘンのクラブにもたらすことになる。

ローマとのゲームはリーガにおいても重要

過去の不敗記録を更新するためには少なくとも勝ち点1ポイントが必要になる。ファン・ハールは「ゲームはCLにとってはそこまで大切ではない、だがこれは自信になる。ブンデスリーガにおいても自分たちが負けないことはとても価値があることだ」とチーム宿舎でのプレスカンファレンスでコメント。「いつも勝つつもり、全ての選手たちのモチベーションがとても高いと信じている」とバイエルン監督は補足。トーマス・ミュラーは「自分たちは勝つつもり、その方がより楽しいからね」とコメント。