presented by
Menu
FCB、調子を取り戻す

FCB監督、クリスマスまでにあと11ポイント要求

バスティアン・シュヴァインシュタイガーは冷静に話した、しかし心中はまだ煮えたぎっていることは明らかだった。「彼が唾をかけてきた - 今まで経験したことがない」と彼は前半のジャヴィア・ピノラの攻撃についてコメント、このシーンはTVカメラを通じてしっかりと目撃されていた。「頭の上に唾をはいてくるなんて今まで経験したことがないよ。リスペクトがないということで、ピッチ上のこととは何も関係がない。これはフェアプレーではない、リスペクトがない。」彼はピッチ上で感情を抑えることは楽ではなかった:「彼に仕返しをすることもできた、だけどこれがチームに何をもたらすというんだい。」

シュヴァインシュタイガーとチームメートはスポーツにおいて反撃した。FCバイエルンは3:0とニュルンベルクとの第181回ダービー戦に勝利、同チームは喜びもあった。FCNGKラファエル・シェーファーは「3点で済んだということは喜ぶべきこと」と吐露。クリスティアン・ネルリンガーは「チームは今日、始めの1秒からすばらしいゲームをして勝利に値する内容で勝った」と歓楽の90分間をまとめた。

シュヴァインシュタイガーに対するピノラの行為はこの試合のバイエルンの唯一の怒りとなった - PKを外したことによるマリオ・ゴメスの個人的な怒りを除く - 。それでも同25歳は2ゴール(10./77.)により、いいゲームを披露したバイエルンイレブンの勝利請負人だった。ルイス・ファン・ハール監督は「われわれは卓越したゲームをみせた。チームは特別な称賛を受けることになる」とコメント。フィリップ・ラーム主将は「僕たちはこの勝利と勝ち方を確実に続けていくことができる」と述べた。同DFは2:0の追加点を確実に決めて、勝利の基盤を築いた。

ネルリンガーは「われわれがゆっくりと調子を取り戻していると思っている」と第12節のシーズン5勝目後に述べた。国内二冠のバイエルンは公式戦8試合以来、黒星を喫していない、すでに6位にまで浮上。だが、これは目標とする浮上ツアーにおける中間地点であり、まだ上まで続くことになる。ゴメスは「自分たちはいい記録を作った、しかしポイントをこれ以上明け渡すわけにはいかない」とコメント。トニー・クロースは「自分たちは過去数週間で調子を上げた。レヴァークーゼンでも勝ち続けるつもりだ」と強調した。

ドルトムントに印象づける

チームは土曜、今現在2位とのアウェー戦での勝利で「明らかに方向性を示すことができる」とネルリンガーは述べた。トーマス・ミュラーは「僕たちは単純に次の数試合でも勝ち点3ポイントがいる、そうでなければドルトムントとの連絡が途切れる」と述べた。今のところ単独首位に勝ち点12ポイント差、ドルトムントはバイエルンのリスペクトに値するチームだ。「この連勝で彼らがみせたものはすでに凄まじいものがある。このことを予期していなかった」とミュラーは述べた。

レコードマイスターも楽観的に次の週に向けて進むことになる - 人手不足がようやく解消された。ニュルンベルク戦でフランク・リベリーとブレーノがカムバックを果たした、ほかの選手たちも続くことになる。ネルリンガーは「われわれはようやくフルメンバーが揃いつつある」と述べた。とくにリベリーの復帰は成功ある追撃を予感させる。

ヴェッテルがお手本