presented by
Menu
失望のバイエルン

「自らがとても難しくしてしまった」

シャルケアレーナでのマン・オブ・ザ・マッチについて意見が分かれることはなかった。残念ながら彼はホームのゴールマウスに立っていた。マニュエル・ノイアーがバスティアン・シュヴァインシュタイガー(22.)、トニー・クロース(34.、38.、54.)とマリオ・ゴメス(90.)相手に鮮烈なセーブをみせ、FCバイエルンを失望させた。彼の活躍は「ワールドクラス」(ベッケンバウアー、マガト)に値していた。シュヴァインシュタイガーのシュートがゴールバー直撃(39.)、ゴメス(31.)とフランク・リベリー(43.)がわずかに枠を外すなどシャルケGKにこの日の夜、つきもあったというのは余分な言及になる。

FCバイエルンはシャルケとの一戦、ハーフタイム前に「2:0または3:0とリードしなければならなかった」とマルク・ファン・ボンメルはコメント。フィリップ・ラームは「1:0とリードすれば、僕たちは快勝できていた」と確信していた。しかし90分後、0:2と敗戦。ルイス・ファン・ハールは「信じられない敗戦」と怒りを込めた、「われわれは相手を上回っていたチーム、多くのチャンスを作りだした、100%のチャンス。しかしシュートが決まらない。とてもがっかりしている。」

ホームチームは枠内ファーストシュートとなったホセ・フラド(58.)の得点から先制。それからベネディクト・ヘヴェデス(67.)が2:0の追加点を奪った。ファン・ハールは「ハーフタイムにも言ったんだ: これは危ない。われわれが多くのチャンスを逃せば、相手のファーストシュートがゴールになることは予測できる」とコメント。「サッカーではゴールが大切なんだ。」

「反省しなければならない」

ゴール前での運と不運 - シャルケの両得点は内側のポストに当たっていた - しかしバイエルンがこれを敗戦の理由にするつもりはなかった。ヨルク・ブットは「反省しなければならない」と述べ、「チャンスのときに決めなかった、それから後半にはDFでミスがあった。だから試合に負けたんだ。」ブレーノが1点目のときに足を滑らせた(ファン・ハール:「これは起こりうること。」)、2点目のときにはヘヴェデスはペナルティーエリア内でたくさんのスペースがあった。

ゴメスが終盤、レコードマイスターに少なくとも勝ち点1をもたらす機会があった: ファーストシュートはゴール上(84.)、次の得点はオフサイドポジションのために認められず(89.)、その後はノイアーの前に得点を妨げられた(90.)。最終的にFCバイエルンは失望してロッカールームにひきあげた - 今季アウェーではよくみられることだった。ミュンヘンはアウェーでわずかに1勝、アウェーのスタジアムではわずかに勝ち点6ポイント奪取 - 逆にホームでの強さはリーガNo.1。