presented by
Menu
これまでにない得点力

ゴメス、古巣クラブ相手にハットトリック

マリオ・ゴメスはVfBシュトゥットガルト(2001-2009)でブンデスリーガ121試合出場、この約半分の試合をメルセデス・ベンツ・アレーナで消化。彼は「どこにゴールがあるか知っている」とアンドレアス・オットルが語る。ゴメスは日曜夜、ブンデスリーガ前期最終節で3得点1アシストと大活躍した。

25歳は試合後、「彼にとても満足している」とルイス・ファン・ハール監督から大きな称賛を受けた。シュトゥットガルトでのプレーだけではなく、前期の「信じられないほどすばらしい出来」に対してだった。彼は公式戦23試合で19得点を決めた。彼の過去15試合だけをみると、18得点を奪っている、ハノーファー戦、クルージュおよびシュトゥットガルトでハットトリックを達成。これほどまで彼が前期にゴールを奪ったことはない。

ゴメスのためのシフト

交代要員から一転して15試合18得点、代表FWは再三に渡り強調してきた:ジョーカーには向いていない。「5分間で輝くことができるプレイヤーではなく、ゲームのなかでファイトしていくタイプ」と彼は説明、「単純にプレーすることがとても大切なんだ。」

ファン・ハールもゴメスに歩みより、チームのシステムをゴメスのために切り換えた。ゴメスは先日「われわれは自分たちのプレースタイルを少し変えた」と報告、「相手がボールをキープしているときには前線に行かず、少しばかり退くことになる。」これにより彼にとって前線にスペースができることになる。