presented by
Menu
「信じられない」

シャルケ戦のコメント

ルイス・ファン・ハールがゲルゼンキルヘェンで0:2と敗戦した後に敗因を長く考える必要はなかった。「多くのチャンスを作りだした、100%のチャンス。しかしシュートが決まらない、選手たちは決めなければならない。私がシュートを放つことはできない」とFCB監督はコメント。同監督は彼のチームがこの試合に勝てなかったことを「信じられない」と語った。「われわれが試合を分析すると、1チームしかピッチ上にいなかった。」

コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「信じられない。われわれが試合を分析すると、1チームしかピッチ上にいなかった。われわれがこのようにプレーすれば、勝たなければいけない - だが勝てなかった。多くのチャンスを作りだした、100%のチャンス。しかしシュートが決まらない、選手たちは決めなければならない。私がシュートを放つことはできない。われわれが多くのチャンスを逃せば、相手のファーストシュートがゴールになることは予測できる。球技のなかでゴールは最も大切、そのことを今日また目の当たりにすることになった。ゴールを決めなければ、負けるんだ。」

フェリックス・マガト (S04監督):「バイエルンは前半、すばらしいサッカーをしていた。われわれはそのときについていた。しかしわれわれも今日いいプレーをした。もちろん序盤は苦しんだ、先週末の0:5の敗戦を早くに払拭できなかった。ゲームに入っていけるように戦い、後半のゴールの後にもいいサッカーをしていた。われわれはこの優勢で勝利に値していた。」

マニュエル・ノイアー (S04):「自分たちを信じて、まだ自分たちのチャンスがやってくると自分たちに言い聞かせていた。われわれは後方を堅固にすることだけを努めなければいけない - それが幸運にも今回のケースだった。今、至福感に浸り、自動的にこのままうまくいくと考えないようにしなければならない。ゲームおよび結果がコンスタントでないといけない。これは勝つことにより生まれるんだ。」