presented by
Menu
アルティントップ欠場

シュヴァインシュタイガーとオットルの出場を懸念

今年ラストの一戦を前に、FCバイエルンの選手状況が再び深刻になった。レコードマイスターは水曜夜のDFBカップ三回戦VfBシュトゥットガルト戦でハミト・アルティントップの起用を断念しなければならない、バスティアン・シュヴァインシュタイガーおよびアンドレアス・オットルの出場も微妙。

アルティントップは日曜夜、内転筋痛によりハーフタイムで途中交代していた。オットルは1週間ほど前からFCBで蔓延するインフルエンザの次なる犠牲者となった。同MFは月曜、トレーニングに参加できず。

バイエルン監督は確実にイヴィチャ・オリッチとトニー・クロースも起用できない。ホルガー・バドシュトゥバーとアリエン・ロッベンがウィンターブレイク前にメンバー復帰する可能性は極めて低い。