presented by
Menu
「満足することができる」

バーゼル戦のコメント

FCバイエルンは6戦目で5勝目をあげ、CLグループリーグ(GL)を終了した。FCバーゼルにルイス・ファン・ハール監督率いるチームは3:0と快勝、この勝利は試合序盤のときだけ脅かされていた。バイエルン監督はこの試合について「満足することができる」とコメント。彼のGLの総括はとてもポジティブだった:「これ以上にいいことはない。」



コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「今日はチームとしてプレーしていた。勝って、再びゴールも奪えた。これがサッカーではいつも一番大切なんだ。われわれのグループは一番難関ではなかった、だけどわれわれは予選突破した。簡単にみえるが、そうではなかった。満足することができる、第5節の後に1位通過を決めることができた。多くのゴールを決めて、失点を喫したのはごくわずか。これ以上にいいことはない。」

トルステン・フィンク(バーゼル監督):「私のチームを誇りに思っている、われわれは悪くないゲームをしていた。前半にはボール支配率が47%、これをここで達成できるのはわずかなチームだけ。それから幾つかいいチャンスがあった。1:0はプレゼントしてしまった、その後にバイエルンは勢いにのり、ゲームを制することになった。FCバイエルンとFCバーゼルの間にまだ違いがあることを目にすることになった。このCLシーズンの出来に満足することができる。すばらしいことであり、ヨーロッパリーグに参加するということでウィンターブレイクを迎えることになる。今再びFCバイエルンの健闘を祈っている。」