presented by
Menu
シュトゥットガルト戦 - 第2戦

白星で良いクリスマスを迎える

ラストマッチへ - FCバイエルンはクリスマスイブ2日前、DFBカップベスト8とともにクラブ史上最も成功した一年に数えられる年を終えるつもりだ。ルイス・ファン・ハール監督は「われわれが勝てば、満足してウィンターブレイクに入れる。これがいいクリスマスとなるかどうか影響を及ぼす」とシュトゥットガルトとの3回戦前日にコメント(水曜日20時15分からライブテレタイプで試合中継)、そして明確に要求:「われわれは勝たなければいけない。」

BL前期最終節で5:3と勝利してから3日後、シュトゥットガルトのスタジアムで再戦となる。59歳は「われわれは全てのタイトルを懸けて最後まで戦うつもり。勝てば、満足、しかしそれ以上ではない」と「厳しい状況」のなかでの前期の戦いおよびBLの順位についてコメント。

ファン・ハールは月曜夜、FCバイエルン取締役および監査役と会食をし、「すばらしい夜を過ごした。雰囲気はとてもよかった。」この雰囲気をバイエルンはVfBに台なしにさせるつもりはなく、この雰囲気とともにクリスマス休暇に入るつもりだ。「これはとても大切、もしかすると次のステージに進出すること自体よりも大切になる」とファン・ハールはコメント。

ブンデスリーガでの対戦と同じく、ファン・ハールは次戦も難しい相手との一戦に備える。降格危機にあるシュトゥットガルトではクリスマス前の雰囲気はない。FCBに敗れた後にファンがメルセデス・ベンツ・アレーナのメインスタンドを囲み、夜遅くまでVIPの出入り口を塞いだ。警察の機動隊が出動する事態になった。

VfB、依然として予測不可能

ファン・ハールは「この状況にチームがどう反応するかは分からない。彼らは自信をなくしているかもしれないし、もしかするとモチベーションがとても高いかもしれない」とコメント。彼のイレブンはこの日曜日の結果に惑わされない、「あれは快勝ではなかった。シュトゥットガルトが前線でとても危険だということが分かった」とトーマス・ミュラーはコメント。ファン・ハールは彼のイレブンの効率性を称賛、「しかしシュトゥットガルトはそこまで悪くなかった。彼らはわれわれよりも得点機があった。」