presented by
Menu
メリー・クリスマス

FCバイエルン、確信をもって来年を見据える

カップ戦の英雄がミュンヘンに戻ったときには夜中だった。チームバスが2時30分過ぎにゼーベナー・シュトラーセに到着。疲労困憊、しかしルイス・ファン・ハールと彼の選手たちにVfBシュトゥットガルトとの激戦を制した後、満足感が漂った。翌日に今年ラストのトレーニングを終え、ファン・ハールとチームはクリスマス休暇に入った。

バイエルンは大きな勢いとともに1月2日から後期の準備をスタートすることになる。ブンデスリーガ5位、CLとDFBカップでも勝ち残る - ポジティブな途中結果となった。スポーツディレクターは木曜昼、「後期にとても確信のもてるスタートポジションを確保できた」とコメント。

ファン・ハールイレブンは今年のラストマッチにおいてベストなクリスマスムードを作った。メルセデス・ベンツ・アレーナの40.500人の観衆はFCBがブンデスリーガ前期最終節に5:3と勝利してから4日後、計9ゴール、2人の退場者、PK失敗および最多優勝チームのカップ戦ベスト8進出など全てを目にすることになった。

カール=ハインツ・ルンメニゲは「2試合で17ゴール、観衆はこれを観たかったんだ」とシュトゥットガルトとの第2戦後にコメント。「われわれは2試合で11ゴールを決めた、これはすばらしいこと。われわれは攻撃的で、魅力的なチーム」とバイエルンボスは喜んだ。ファン・ハールは「情熱と熱狂のあるスーパーなゲームだった」と「非常に面白いカップ戦」(ネルリンガー)後に話した。

バイエルンは「日曜とは違うゲームになる」とすでに試合前にコメント。ブンデスリーガと同じく、この一戦もタフな内容になった。バイエルンは前半8分に2:0とリード、試合終了13分前には3:3の一進一退のゲームにおいて、W杯英雄トーマス・ミュラー、ミロスラフ・クローゼとフランク・リベリーがディフェンディングチャンピオンに成功をもたらした。VfBは2人の退場者(ハリド・ブラールズとマチュー・デルピエール)を出して自滅、PKも失敗に終わった。

ミス?