presented by
Menu
「本当に凄い」

FCB、子どもたちの胸を高鳴らせる

ゼーベナー・シュトラーセでクリスマス前のプレゼント - クリスマスイブ8日前、オーバーシュヴァルツァッハーの44人の子どもたちの大きな夢が木曜日に叶った。エーリッヒ・ケストナー・子ども村の6歳から19歳までの子どもたちがFCバイエルンのトレーニング場を訪れた。

子どもたちおよび11人の責任者は早朝に出発。有限会社バス・オーバーバイエルンの協力もあり、FCBファンバスに乗った同一行は冬の天候のなか、午前のトップチームの練習に間に合った。午後には再び300キロ離れたオーバーシュヴァルツァッハーに戻ることになった。

子どもたちがゼーベナー・シュトラーセに到着、バイエルンのプロ選手のトレーニングを見学、アリエン・ロッベンが今季初めてチームメートとトレーニングしているのを間近で体験した。この後に25人の子どもたちにとっては小さなサプライズが待っていた: 彼らはFCBアシスタントコーチのアンドリース・ヨンカーとヘルマン・ゲルラントの指導の下で代表選手バスティアン・シュヴァインシュタイガーとともに少しトレーニングを行った。

シュヴァインシュタイガーは「とても楽しかった、子どもたちも楽しんでくれたと望んでいる」と約20分間のトレーニング後に述べた。「とても寒かった、だけど子どもたちがピッチに来たときには、太陽がでてきた。少しばかり象徴的だった」と述べた。彼は自分の幼少期を回想していた:「ここに来て、トレーニングを観たことは自分にとってはいつも最高だった。」

エーリッヒ・ケストナー・子ども村(精神的に傷ついている児童が暮らす)で養護教育を受ける13歳のセバスティアンも同じように感じていたに違いない。彼はFCバイエルン訪問とバスティアン・シュヴァインシュタイガーとトレーニングすることを願っていた。「夢が叶った、本当に凄い」とセバスティアンは後で大きな感銘を受けていた。彼はシュヴァインシュタイガーからユニホームを受けとった。「驚きで言葉がでない。」