presented by
Menu
DFBカップ8強進出のコメント

FCB監督「すてきなゲームだった」

FCバイエルンがウィンターブレイク前のラストマッチでVfBシュトゥットガルトを6:3と撃破し、準々決勝に進出した。ルイス・ファン・ハール監督は「観衆にとってはとてもすばらしいゲームだったと考えている。人々はすてきなゲームを目にしたことになる」と4日間に行われた2連戦後にコメント。



コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「われわれは20、30分間をとてもいいプレーをした、優勢で相手を制し、すぐに2点を奪った。それから個々のミスがあり、再びこのいい流れが途切れてしまった。ハーフタイムは全く落ち着かず、私はすでに起こったことは忘れなければいけないと言ったんだ、われわれは再びプレーして、ボールを動かさなければいけない。このことをわれわれはやってのけた。シュトゥットガルトは全てをだした。4日間で11得点は信じられないこと、しかし6失点している。観衆にとってはとてもすばらしいゲームだったと考えている。人々はすてきなゲームを目にしたことになる。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「僕たちは必要のないミスをおかした。これは少しばかり、相手に大きな重圧をかけずにリードを軽卒に手放す前期を示していた。これはあってはいけないことだ。自分たちはバイエルン・ミュンヘン、アウェーで2:0とリードして、このような問題を抱える、これが存在してはいけない。」

ヨルク・ブット:「シュトゥットガルトでの2試合は信じられなかった。われわれは比較的すぐに先制、2:0とリードしてから、とてもいいゲームをしていた、しかし日曜日同様に自らを苦しめることになった。後半は決闘だった。幸運にもわれわれは再びリズムを取り戻した、結果的には勝利に値していた。」

ブルーノ・ラッバディア (シュトゥットガルト監督):「われわれの立ち上がりはよくなかった、怯えながらプレーしてしまった。しかしわれわれは単純に多くのミスがある、これを改善しなければいけない。ポジティブなのはわれわれが観衆を自分たちに引き寄せたことだ。われわれはこの数日で士気を高めることができた、われわれが諦めることはない。」