presented by
Menu
南ダービーのコメント

FCB監督「すばらしいゴールを決めた」

FCバイエルンが前期最終節でVfBシュトゥットガルトを5:3と下した。ルイス・ファン・ハール監督は彼のチームの攻撃にとても満足することができた。59歳は「すばらしいコンビネーションからすばらしいゴールを奪った」とコメント。5:1とリードした後に必要のない失点を喫したことだけがファン・ハールの批判の対象となった:「われわれがゴールを献上しなくてもいい。」


コメント一覧:

ルイス・ファン・ハール:「すばらしいコンビネーションからすばらしいゴールを奪った、しかしわれわれがゴールを献上しなくてもいい。このことを残念に思っている、私それから選手もこのことを分かっている。これはよく起こったケースだった、われわれは改善しなければならない。ドルトムントはかけ離れている、しかし2位との差は勝ち点4ポイント、挽回できる。水曜日のカップ戦は再び違うゲーム、ゼロからの始まりで生き残りを懸けた一戦。」

フランク・リベリー:「3失点は良くない。5:1の後はよりコンパクトにプレーし、ボールをキープして速攻を仕掛けなければいけない。このことを話合わなければいけない、われわれは再び後半にこの問題を抱えている。しかしこの勝ち点はわれわれにとってとても大切だった。」

ブルーノ・ラッバディア(VfB監督):「このゲームは今日本当に矛盾している。われわれのプレーが反映されていない結果。われわれは本当に個々のミスが多かった、これを改善しなければいけない。しかしチームがチーム戦術を実践しようとしている意志がみられたことは良かった。まだ多くの仕事が残っている、そうでなければチームはこの順位にいない。われわれはおそらく最終節まで残留争いをすることになる。」