presented by
Menu
抽選のコメント

FCB監督:「リベンジするつもりだ」

ヨルク・ブットはCL決勝トーナメント1回戦での対戦相手の希望はなかった、ベスト16での昨季覇者インテル・ミラノとの対戦は避けたかった。しかし抽選の結果は異なり、2月下旬と3月上旬にドイツレコードマイスターおよびネッラズーリ間で昨季の決勝の再戦が行われる。

FCバイエルン側のリアクションとして、代表取締役社長カール=ハインツ・ルンメニゲは次戦を「とても難しい抽選」と称した。スポーツディレクターのクリスティアン・ネルリンガーは「厳しい、しかしこれ以上に興味深いことはない」と述べた。ルイス・ファン・ハール監督はこうコメント:「リベンジするつもりだ。」

決勝トーナメント1回戦抽選のコメント

カール=ハインツ・ルンメニゲ:「インテル・ミラノはとても難しい相手、もしかすると一番大変な抽選だったかもしれない。しかしこの対戦はわれわれにとってとても刺激がある。5月に敗れた後、リベンジをすることができるんだ。」

カール・ホプフナー:「この抽選はとても興味深いと思っている。決勝でインテルに敗れてから時間はそこまで経っていない、ベスト16で再戦することになる。われわれはまだいくらか挽回しなければならない。選手たちは熱くなると私は考えている。」

クリスティアン・ネルリンガー:「厳しい、しかしこれ以上に興味深いことはない。われわれはマドリードでの決勝で逃した大きなチャンスをいまだに少し悔やんでいる。この対戦を楽しみにしている。」

ルイス・ファン・ハール:「抽選は悪くないと考えている、インテル・ミラノにリベンジすることができるからね。5月にマドリードにいたほぼ全ての選手がまだFCバイエルンにいる。このレベルではどの相手も危険、ここでは簡単なゲームはない。われわれが長距離の遠征をしなくてもいいことはメリット、これはブンデスリーガを戦う上でいいことだ。」

フィリップ・ラーム:「この試合は自分たち皆が楽しみにすることができる大きな任務になる。ビッグチーム同士の対決、次のステージに進めるかどうかはフィフティ・フィフティ。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「とてもすばらしい抽選。とくにルシオと会えることを楽しみにしている。ハードワークになる、だけど次のステージに進めると自分は確信している。」

トーマス・ミュラー:「インテルと決着をつけなければならない。ベスト8を決めるセカンドレグがアリアンツ・アレーナで行われることはメリットで突破できると考えている。」