presented by
Menu
中足骨骨折

ファン・ボイテン手術へ

悪い予感は的中してしまった。ダニエル・ファン・ボイテンはグラッドバッハでの1−3の敗戦で第2中足骨を骨折したことが、本日21日(土)ミュンヘンのチームドクター、ハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファートが行った検査により判明した。ファン・ボイテンは本日中にも「レヒツ・デア・イーザー病院」でアンドレアスB・イムホッフ医師により手術を受ける予定だ。

今季これまで公式戦21試合に出場しているセンターバックを、ユップ・ハインケスがどのくらいの期間あきらめざるを得ないかは未だ不明。
「離脱期間についてきちんとした診断がつくのは、手術してみてから」とミュラー=ヴォールファートはfcbayern.deのインタビューに答えた。

ファン・ボイテンは後季開幕戦でグラッドバッハのマルコ・ロイスと競り合った際に運悪く負傷、後半31分に途中交代を余儀なくされた。試合後ベルギー代表のファン・ボイテンは松葉杖をついてボルシア・パークを後にしていた。