presented by
Menu
試合後のコメント

「上り調子だと証明することができた」

FCバイエルンは1.FCカイザースラウテルンを2-0と下し、同日勝利を収めた首位のドルトムントに圧力をかけることに成功。カイザースラウテルン相手には苦戦することなく勝ち点3を手にしている。「これでわれわれが上り調子だと証明することができた。」と、監督のユップ・ハインケスはコメントしている。また、監督は特に守備の強さに感銘を受けた様子。チームは先日のシュトゥットガルト戦でも、相手チームにほとんど付け入る隙を与えていない。本日の結果には主将のフィリップ・ラームも満足しており、「やっとスランプから抜け出すと同時に、全力発進できた。」と話している。

試合後のコメント:

ユップ・ハインケス:「これでわれわれが上り調子だと証明することができた。非常に良いプレーも見られ、勝利に値した試合だ。前半はカイザースラウテルンの守備が良かったため、そう簡単ではなかった。だが、後半に入ってからのプレーは見事だった。ここであと数点決めることもできただろう。今日の試合においては、特に守備の出来に満足している。無失点に抑えることができたし、シュートもほとんど打たせなかった。非常に喜ばしいことだ。」

フィリップ・ラーム:「やっとスランプから抜け出すと同時に、全力発進できた。こうなると、相手チームにとっては厳しくなる。特にアリアンツ・アレーナではね。2-0と試合をリードしている時には、無失点に抑えることが大切なんだ。全体的にはまずまずの出来だったよ。今日はそれ以上得点できなかった。これからもこの調子でプレーしていくだけだよ。」

マリオ・ゴメス:「前半は終了5分前ぐらいまで、すごくいいプレーができた。重要なのは、試合に勝ったということ。これからもこの調子でプレーしなくちゃいけない。もちろん、ドルトムントがどこかで勝ち点を取りこぼすよう願いながらね。」

マルコ・クルツ(カイザースラウテルン監督):「最初から安定感を欠いていた。開始早々に失点して、最悪の展開となったよ。選手たちからもそれが見て取れた。守備はコンパクトだったが、攻撃面で何としても点を取ろうという意欲が感じられなかった。後半に入ってからは、GKトラップのおかげでさらなる失点を防ぐことができた。全体的には、素晴しいプレーを披露したバイエルン相手に勝目なしだった。」

ケヴィン・トラップ(カイザースラウテルンGK):「試合前から簡単にはいかないことは分かっていた。それでも、ドルトムントやシャルケを苦しめたように、僕らにも出来るってことを見せようと意気込んでいたんだ。最終的には負けに値する試合だった。」