presented by
Menu
「第一歩を踏み出した」

チームとして「正しい答え」が見つかる

「正しい方向へと第一歩を踏み出すことができた。(ここ2試合の不甲斐ない結果の末に)正しい答えが見つかった。」と、シャルケ戦の2-0での勝利後、クリスティアン・ネルリンガーはコメント。

「われわれは不安定な状態だった。だが、今日の試合では闘志も見えたし、選手たちのプレーにも非常に納得できた。フライブルク戦、バーゼル戦のおかげでチーム内の正しいリズムを取り戻すことができたようだ。シャルケ戦ではチームが一丸となっていた。」と言葉を続けている。

何度も話し合い

この勝利の決め手は、ハインケスが試合前日にチーム全体、そして選手個人との話し合いの時間を持ったことにある。「僕らはなんとなく開放されたような、悩み事を話して気持ちが楽になったような感じだった。これが連勝の第一歩になればいいね。」とマヌエル・ノイアーは話し、ジェローム・ボアテングは「チームとしてプレーできたし、それが勝因だよ。」と、話し合いの重要性を実感している。