presented by
Menu
関節鏡

ブレーノの怪我が悪化

FCバイエルンのセンターバック、ブレーノが怪我のためにさらなる休養を強いられることとなった。ブレーノは木曜のトレーニングで右膝関節の炎症が再発したため、関節鏡を用いた手術を受けている。この手術によって、手術以外の方法では処置不可能な炎症した粘膜が取り除かれた。

手術はアウグスブルク・クリニックのウルリヒ・ベニッシュ医師が担当。「ブレーノがどれだけの期間欠場することになるのかというはっきりした予定は、まだしばらく経ってから報告することとなるだろう。」と、FCBチームドクターのH.W.ミュラー=ヴォールファートはfcbayern.deにコメントしている。