presented by
Menu
インタビュー:トニー・クロース

「万全の状態でドルトムントへ」

イースターで祝日の月曜、FCバイエルンのトレーニング場にはトレーニングをこなすトニー・クロースの姿が見られた。この日のクロースはパフォーマンスセンターでチームメイトと共に体力回復をメインとしたトレーニングを行い、ドルトムント戦に備えている。その後、ブンデスリーガ頂上対決を前にfcbayern.deのインタビューに応じてくれた。

インタビュー:トニー・クロース

fcbayern.de:ハッピー・イースター、トニー!トーマス・ミュラーは強行日程すぎてイースターを忘れていたらしいですが、あなたもそうでしたか。
クロース:「いや、僕の場合はそこまでひどくはなかったよ(笑)。もちろん、常にどこかに出かけていて忙しかったけどね。それに、基本的には僕にとってイースターって特別なものじゃないから。祝ったことってないんだよね。」

fcbayern.de:先週末のアウグスブルク戦は辛勝でしたね。その他にもハノーファー戦、ニュルンベルク戦もぎりぎりの勝利。3日おきに試合というのは、やっぱり大変ですか。
クロース:「やっぱり、すごく大変だね。上手く波に乗れる場合もあるけど、疲れが出てしまうこともある。最近の数試合の中には手強いものもあったからね。そんなチャンピオンズリーグやDFBカップの試合をこなした後のブンデスリーガ戦では、とにかく勝つことが目標になるのは当たり前だと思うよ。パフォーマンスやプレーの出来は二の次でね。何しろ、僕らの対戦相手は試合前に十分準備する時間があったんだから

fcbayern.de:アウグスブルク戦では先発から外れましたが…
クロース:「あれまではほとんどいつもプレーしていたから、あれは本当にいい休養になったよ。でも、結構早く交代で出場することになったよ。早い時間帯に先制点を決めることができたからもっと点差をつけられるかと思ったんだけどね。そうなってたら、もう少し休養できたのに。」