presented by
Menu
「順当な勝利」

シュトゥットガルト戦後のコメント

マドリードでの接戦から3日後にもかかわらず、FCバイエルンはしっかりとシュトゥットガルトとの南ドイツ対決を制している。ユップ・ハインケスは「選手たちにとっては簡単ではなかった。だが、プロとして立派なプレーをした選手たちに喜んでいる。」とし、クリスティアン・ネルリンガーは「真剣勝負ができた。」と結果に満足している様子だ。

試合後のコメント:

クリスティアン・ネルリンガー:
「選手たちは再び真剣勝負を見せてくれた。ここまであまり出番がなかった選手の活躍も見られ、シュトゥットガルトを順当に下すことができた。来週もこのような真剣勝負を期待してほしい。」

ユップ・ハインケス:「再びブンデスリーガに気持ちを切り替えることは、選手たちにとっては簡単ではなかった。だが、特に普段出場していない選手がプロとして立派な姿勢を見せてくれた。前半は両チームにチャンスがあった。これが引退試合となるブットの見事なセーブのおかげで、先制点を奪われずにすんだ場面もある。後半に入ってからは、あの時オリッチが追加点を決めていれば、もっと楽に試合を運ぶことができただろう。」

ヨルク・ブット:「もちろん、現役引退前にこのような試合でプレーができるのは最高だよ。これからチームは2つの決勝戦に臨むことになるけど、僕もすごく興奮している。」

マリオ・ゴメス:「今日の試合では水曜の疲れは残っていないかのようなプレーができた。チームとしていい試合ができたと思う。僕らの方が瞬発力、そして総合的にも上だった。だから順当な勝利だよ。重要なのは勝てたこと。僕らは全員、シーズンが終わるまで全力を尽くすよ。」

ブルーノ・ラッバディア(シュトゥットガルト監督):「何としてでも勝ち点が欲しかったし、特に前半は何度かチャンスがあった。だが、得点を決めることができなかった。そして、残念ながら個人のミスもあってバイエルンに先制を許してしまった。それにしても、全体的には勝ち点を獲得できる試合だったと思う。ただ、バイエルンにはおめでとうと言いたい。今日の試合のことだけではなく、チャンピオンズリーグの決勝進出についてもね。」