presented by
Menu
CLフェスティバルからパブリック・ビューイングまで

CL決勝戦 ― ミュンヘン市内のイベント

飲み屋は? 超満員! ホテルは? 既に予約で満室! ミュンヘン近郊の公共交通機関の輸送能力は限界に! チャンピオンズリーグ決勝戦を19日(土)に控え、ミュンヘンはまさに至る所で破裂寸前。全てのバイエルンファンが、ドイツのレコルトマイスターの欧州クラブナンバーワンの王冠をつかむ瞬間に立ち会うことを望んでいるのだ。街全体が決勝戦に向け準備をしているだけに、決勝戦までまだ数日というのに、ミュンヘン市内は既にサッカー一色に染まり熱気が溢れている。本サイトfcbayern.deではCL決勝戦を前にしたミュンヘン市内のイベントを紹介する。

チャンピオンズフェスティバル、於オリンピック記念公園
オリンピック記念公園で開催されるUEFA主催のチャンピオンズフェスティバルのモットーは《Join the Game(一緒にやろう)》だ。オリンピック記念公園では明日水曜(5月16日、12時オープン)より、家族で楽しめるファン向けのサッカーフェスティバルがスタートする。フェスティバルは今週土曜(5月19日)まで開催の予定。会場にはCL決勝大使に選ばれたFCBの伝説の選手パウル・ブライトナーも登場する。

4日間にわたり開催されるフェスティバルでは、日替わりのメインイベントが予定されている。初日の16日(水)は《グラスルーツ・デー》と名付けられ、草の根レベルのスキルアップを目標に青少年向けのトレーニングとトーナメントが企画されている。ほかにも《チャンピオンズ・ミュージアム》では過去の偉大な選手やクラブの記念品が展示され、《チャンピオンズ・シアター》では数々のCLの歴史的瞬間が大型スクリーンに映し出され、またインターアクティブ・フィールドでは自らの技量を試す機会が設けられる。数々のライブコンサートをはじめ、多くの催し物が来場者をもてなしてくれる。チャンピオンズフェスティバルの詳細については、UEFAの公式ホームページをご覧下さい。

フェスティバル開催時間:
5月16日(水):午後12時〜午後10時
5月17日(木):午前10時〜午後10時
5月18日(金):午前10時〜午後10時
5月19日(土):午前9時〜午後8時

女子決勝戦
ミュンヘンで開催されるチャンピオンズ・ウィークの最初の目玉は、明後日木曜(5月17日)オリンピア・シュタディオンで午後6時キックオフの女子チャンピオンズリーグ決勝戦だ。タイトルホルダーのオリンピック・リヨンは、当地でドイツを代表する1.FFCフランクフルトと対戦する。入場券の販売数はこれまでに既に30,000枚を超えている。

オールスターマッチ、於オリンピア・シュタディオン
同じくオリンピア・シュタディオンでは、男子CL決勝戦の前座試合も開催される。19日(土)午後12時キックオフの《アルティメット・チャンピオンズ・マッチ》だ。この一戦では、世界選抜チームがFCバイエルンのオールスターズ&フレンズと対戦する。合計22名ものかつてのチャンピオンズリーグ優勝経験者がこの試合に出場する。パウル・ブライトナーが監督を務めるFCB選抜チームには、ジョバンニ・エウベル、トーマス・ヘルマー、ロイ・マカーイ、カルステン・ヤンカー、ミヒャエル・タルナルト、アレクサンダー・ツィックラー、ヴィッガール・ケーゲルの他、日本でもお馴染みのピエール・リトバルスキー等が名を連ねている。世界選抜の指揮を取るのはルート・フリットとディディエ・デシャンの両名、選手にはエドウィン・ファン・デル・サール、ダヴォル・シュケル、元Jリーガーのミヒャエル・ラウドルップ、デ・ブール兄弟のロナルドとフランク、クラレンス・セードルフ、カフーの他、元日本代表監督のジーコ等が選ばれている。入場料は無料で、試合は地上波の《Sat.1》で生中継される。