presented by
Menu
EURO 2012

FCBは8選手がドイツ代表に招集

ウクライナ、ポーランド共催のEURO 2012に向け、FCバイエルンからは8選手がドイツ代表チームに召集されることとなった。これは、木曜正午にドイツ代表監督のヨアヒム・レーヴが明らかにしたもの。まず合計27選手が招集され、その後5月29日までに23名に絞られるとのことだ。FCBから選出されているのは次の選手たち:マヌエル・ノイアーフィリップ・ラームホルガー・バドシュトゥーバージェローム・ボアテングトニー・クロースバスティアン・シュヴァインシュタイガートーマス・ミュラーマリオ・ゴメス

FCBの選手は遅れて合流

金曜から始まるEUROのための準備期間は4週間に渡り、最初の1週間はサルディニアでのトレーニングキャンプが予定されている。だが、これにはFCBとドルトムントの選手たち、そしてメスト・エジル、サミ・ケディラ、ミロスラフ・クローゼは参加できない。FCBの選手たちはCL決勝後にチームに合流し、オランダとの親善試合(5月22日)には出場の予定となっている。これは、6月9日の開幕戦(ポルトガル戦)の約2週間前となる。

バドシュトゥーバーも遅れて合流

また、CL決勝の出場停止が決定しているバドシュトゥーバーも、本人とユップ・ハインケスの意向によって後から代表チームに合流することが決まっている。レーヴはそれを尊重するとともに、「そのような大きなタイトルを獲得できれば、選手たちは最高の気分になるに違いない。」と健闘を祈っている。

DFBカップの決勝とは違ってCL決勝は自宅でテレビ観戦とはいかないレーヴだが、南欧のトレーニングキャンプ地でドイツ代表チームと観戦するのも悪くはないだろう。