presented by
Menu
初戦に勝って勢いを

初戦に向けて準備万端のドイツ代表

いよいよEURO 2012が開幕する。FCバイエルン所属の8選手を擁するドイツ代表チームは明日土曜、ウクライナのリヴィウでポルトガルと対戦。この初戦で勝利を収め、1972、1980、1996年のように勢いを付けたいところだ。「もちろん、優勝したいよ。」とマヌエル・ノイアーは話している。

シュヴァインシュタイガーは出場可能

アシスタントコーチのハンス=ディーター・フリックは、「開幕戦というのはいつも展開を予想しにくいものだ。初戦に勝つことができれば、それによって少し勢いが生まれる。重要なのはすぐに大会のリズムをつかむこと。」と初戦を前にしてざっくばらんにコメントしている。

ドイツはポルトガル、デンマーク、オランダと同じ非常に厳しいグループに入ったが、少なくとも23選手全員のコンディションは整っている。「良い感じだ。チームにも必要な存在だ。」とレーヴが話す通り、バスティアン・シュヴァインシュタイガーも出場可能なまでに復調しているとのこと。

FCB選手のチームワークに期待

まだ誰を先発起用するかは明言していないレーヴだが、最低でも6名のFCB選手を起用することは決まっているようだ。そして、国際舞台での経験という視点からミロスラフ・クローゼ、ルーカス・ポドルスキ、メスト・エジル、サミ・ケディラが起用される見込み。