presented by
Menu
記者会見

ザマーが新スポーツディレクターに就任

FCバイエルン監査役会と役員の間では2011/12シーズン中、すでにスポーツディレクター、クリスティアン・ネルリンガーのチームの今後に関するコンセプトに対して意見が大きく分かれていた。 そして、この時すでにFCBとネルリンガーは2012/13には契約が切れることに同意していたのだ。

ただ、EURO 2012中にチームに不要な影響を与えないため、ネルリンガーの離脱はEURO終了まで公表されないこととなっていた。

そして、EUROでのドイツ代表の敗退に伴い、今週末に行われた最終会談の結果、マティアス・ザマーが新たに「契約選手に関する責任者」に就任するということが決定した。週末にFCBとザマーが合意に達してから2日後の今日火曜、ドイツサッカー協会(DFB)からもザマーの解任を認める声明が出されている。

これで、ザマーは正式にFCBのスポーツディレクターとして任務に取りかかることができるようになった。

これに対して監査役長のウリ・ヘーネスは、「クラブの名を借り、過去4年間でクリスティアン・ネルリンガーがFCBにて成し遂げた業績に対し、大きな感謝の意を表したい。今後ともプライベートでは良好な関係を維持していきたいと切に願っている。」との声明を発表している。

また、ネルリンガーは、「これからも引き続きFCBの輝かしい未来を願ってやまない。FCBではとても密度の濃い時間を過ごさせてもらった。今後もクラブとは友好的な関係を続けていきたい。」とコメントしている。