presented by
Menu
今度こそはタイトルを

監督、さらにハングリー精神を要求

トレーニングが再開されてからはっきり分かるのが、いかにユップ・ハインケスが休養を必要としていたかだろう。休暇明けのハインケスは常に笑顔で、火曜のトレーニングでもその後の記者会見でも上機嫌だった。「また体力が戻り、やる気いっぱいで新シーズンに向けた準備に取りかかることができる。」と話している。

また、新シーズンに向けて監督は、「よりクレバーで当たり負けしないチームを作り上げ、昨シーズンより良い成績を挙げなければいけない。そのためには、勝利に対してもっとハングリー精神が必要だ。新シーズンでは、体力、トレーニング、試合、生活習慣管理に重点を置いていくつもりでいる。」と抱負を語っている。

「パワーと向上心があり、行動的」

これは、新たに就任したマティアス・ザマーとほとんど同じ見解だ。そのザマーについてハインケスは、「現役時代のマティアスは負け知らずで、非常に優れた選手だった。私はいつも感銘を受けたものだ。とにかく素晴しい成績を挙げることに秀でた人物で、パワーと向上心があり、とにかくいつも動き回って、いつも勝利を目指し、決してあきらめたりしない。これは、彼だけでなくわれわれにも当てはまる形容詞だ。」とコメントし、ザマーを歓迎している。