presented by
Menu
ニーハウ北京

FCバイエルン、中国の首都に到着

ニーハウ北京 — こんにちは、北京。23日(月)午前11:45(現地時間)、FCバイエルンは9時間少々のフライトの末、5日間の中国遠征の最初の目的地に到着した。中国の首都北京の国際空港におりたったレコルトマイスターを待ち受けていたのは、熱烈歓迎。到着ロビーでは約1,000人ものファンがFCBの到着を待ち侘びており、選手たちが写真撮影やサインの要求に応じると、喜びを爆発させた。

ファンサービスの後、一行は宿舎の《The Westin Chaoyang》ホテルがある三里屯地区へバスで直接移動し昼食をとった。15:00時にはすでに次の予定が組まれており、代表取締役社長のカール=ハインツ・ルンメニゲ、ユップ・ハインケス監督、ゴールキーパーのマヌエル・ノイアーは、FCBのオフィシャルパートナーである《Yingli Solar》(中国ソーラーパネルメーカー英利p色能源)の記者会見に臨み、アリエン・ロッベンとホルガー・バドシュトゥーバーは、近くのアディダスショップでサイン会を開催した。

「ドイツサッカー使節」

「我々は、非常に大きな将来性を秘めた国を、ドイツサッカー使節として訪問する。ブンデスリーガ開幕まで4週間、このようなチャンスが与えられた以上、それをものにするしかない。我々は常に《グローバル・プレーヤー》たることを願っているが、その意味でもこの機会を活かさなくてはならないと思う」とバイエルンのウリ・ヘーネス会長は、極東に向け飛び立つ前に語っていた。