presented by
Menu
インタビュー:トーマス・ミュラー

「僕らの準備は万端だよ」

トーマス・ミュラーは一作シーズンに引き続き、昨シーズンもブンデスリーガ34試合連続出場を果たしている。また、ブンデスリーガでのアシスト数も13とフランク・リベリー(20)に次ぐチーム2位を記録。チャンピオンズリーグ決勝戦では、83分にもう少しで決勝点を決めるところだった。だが、昨シーズンはすでに過去のもの。fcbayern.deではブンデスリーガ開幕を今週土曜に控え、ミュラーにインタビューを行った。

インタビュー:トーマス・ミュラー

fcbayern.de:
やあ、トーマス。あと2日でブンデスリーガが開幕するけど、今からもう興奮してる?
トーマス・ミュラー:「すでにスーパーカップでプレーしてるから、興奮っていうのとは少し違うかな。あの試合が実際僕らが真剣に臨んだ最初の試合だったからね。レーゲンスブルク戦もあったし、僕らにとってシーズンはもう開幕したようなものなんだ。でもブンデスリーガ開幕は楽しみだし、やっと始まるって気持ちでいるよ。」

fcbayern.de:開幕戦の相手はこの度昇格を果たしたグロイター・フュルトだけど、どんな展開になると思う?
ミュラー:「難しい試合になるだろうね。昇格の余韻でまだクラブは沸き上がってるだろうし、ホームで無失点に抑えるために全力投球してくるだろう。僕らにとって、簡単にはいかないと思う。」

fcbayern.de:スーパーカップとDFBカップ一回戦を終えての両試合の感想は?
ミュラー:「良い点がいくつもあったと思う。もちろんチームの戦術面ではまだ100%の状態じゃなかったけど、ドルトムント戦では前半チームとして良いプレーができたし、相手にほとんどシュートを打たせなかった。後半に入ってからは少し疲れが出た上に、ドルトムントがプレッシャーをかけてきたけど、あの時間帯ではそんなに問題にはならなかった。僕らが守備もしっかりできるってことが分かってもらえたと思う。90分間気を抜かずにプレーすることを目標にする必要があるね。全体的には良い感じだと思うよ。シーズンはまだ始まったばかりだしね。」

fcbayern.de:昨シーズン終盤のこと、特にチャンピオンズリーグ決勝戦のことはまだ思い出す?
ミュラー:「時々テレビでハイライトとかが放送されるけど、そういう時はやっぱり逃したチャンスの大きさを実感して少し落ちこむね。でも、新シーズンとは何の関係もないから、頭を切り替えるしかないよ。」

fcbayern.de:誰もがFCバイエルンとボルシア・ドルトムントの2強が優勝争いを繰り広げると予想してるけど、どう思う?
ミュラー:「シーズン中は長期間にわたって他のチームも絡んでくると思うけど、基本的には両チームのクオリティが一番高いと思うし、コンスタントに結果を出せるチームだと思う。」