presented by
Menu
LIGA total!カップを終えて

「全体的には大満足」のハインケス

新シーズン最初の公式戦であるヤーン・レーゲンスブルクとのDFBカップ一回戦が2週間後に迫る中、ユップ・ハインケスは2日間にわたるLIGA total!カップを総括し、いくつか改善すべき点を発見したようだ。1-0でハンブルガーSVを下して3位で大会を終えた後、イムテック・アレーナで監督は記者会見に応じている。

記者会見でのユップ・ハインケスのコメント…

…ブレーメンとの初戦について:

ユップ・ハインケス:「ブレーメン戦では、選手たちにハードなトレーニングやテストマッチによる疲れが見えたため、あれ以上の結果は期待していなかった。各国代表選手の大半は2週間前からトレーニングを開始しており、その中で11回のトレーニングと4試合のテストマッチをこなした上、リーガカップと中国遠征に参加している。非常にたくさんのマーケティング活動を行う必要があった。選手たちも人間であり、ブレーメン戦では動きが重いのが見て取れた。」

…3位決定戦について:
ハインケス:「HSVも悪くなかったが、われわれも初戦よりは良いプレーができた。選手たちはプレーを楽しみ、たくさん走り回っていた。われわれは大半の時間帯で優勢に試合を運ぶことができたし、何度も好機を作り出した。サイドを使った攻撃では、ラストパスやクロスの精度がいまいちだったのは残念だが。守備面では試合序盤は不安があったが、時間が経過すると共に良くなった。私個人としては、特に攻撃面が良かったと思う。全体的には大満足だ。」

…改善すべき点について:
ハインケス:「攻撃面ではクリエイティブで賢いプレーができるが、守備面ではもっとチーム一丸となってのディフェンスが必要だ。昨シーズン序盤のような守備をする必要がある。これから毎日そのために練習することになるだろう。選手たちのコンディションが戻ったら、トレーニングの成果も上がり、実際により試合でのプレーに活かされるようになる。カップ戦まであと2週間。この時間を利用して、再び首位の座につけるチームを作り上げるつもりだ。」

…バスティアン・シュヴァインシュタイガーの故障について:
ハインケス:「大事には至っていない。これはまだ予想でしかないが、足を少しひねってしまったようだ。だが、念のために交代させた。2日間ぐらいリハビリをすれば、再びトレーニングに復帰できるだろう。」

…マリオ・ゴメスの離脱について:
ハインケス:「大きな痛手だ。だが、われわれはこの問題も乗り越えることができるだろう。今シーズンはここまでですでにダヴィド・アラバ、ディエゴ・コンテント、ラフィーニャの3選手が怪我のために長期の離脱を余儀なくされており、さらにマリオも加わった。だが、怪我やその他の理由でプレーできない状態になることもある。幸いなことに、われわれにはマンジュキッチやクラウディオ・ピサーロといった別のFWがいる。」