presented by
Menu
左サイドバックは誰が

ハインケスはルイス・グスタボを起用か

ダヴィド・アラバ、ディエゴ・コンテントと負傷者が相次ぐFCバイエルンのディフェンス陣。ユップ・ハインケスが期待をかけていた両選手が共に怪我を負い、さらにはブンデスリーガ開幕を3週間後に控えた今、ハインケスの対応に注目が集まった。

これまで何度もこのポジションをこなしてきたフィリップ・ラームが再び左サイドバックを務めるのではないかという声もあるが、ハインケスはこのポジションでのラームの起用をほとんど考えていない様子だ。「フィリップにはできるだけ逆サイドを担当してくれとは言いたくない。チーム全体を見て考える必要がある。」と監督は話している。

つまり、ラームはアリエン・ロッベンと共に右サイドを任されることとなる。右サイドの方が、FCBのシステムに合っているとのことだ。「クロスやうまいアシストのできるウィンガーが必要だ。われわれにはクロスにうまく反応して相手ゴールを脅かすことのできる優秀なFWがおり、彼らにボールが渡らなければいけない。」とのことで、右利きのラームが右サイドでウィンガー的ポジションを務めることとなる。