presented by
Menu
関節遊離体を除去

マリオ・ゴメスの手術は無事成功

FCバイエルンのFWマリオ・ゴメスは火曜に距腱関節の手術を受け、左足から関節遊離体が無事取り除かれた。

「手術は非常にうまくいった。マリオは3週間トレーニングを離れなければいけないが、その後は基礎トレーニングを開始できるだろう。」とFCBチームドクターのH.W. ミュラー=ヴォールファートは話している。

また、ゴメス本人は、「手術が成功し、痛みがなくなってよかった。今は少し忍耐力が必要だけど、しばらくしたら少しでも早く復帰できるように全力を尽くすよ。」とコメントしている。

ゴメスは先週末に痛みを訴え、LIGA total!カップ開催地のハンブルクからミュンヘンに戻っていた。そして、検査の結果手術が必要だと診断されていた。