presented by
Menu
インタビュー:マルティネス

「ヴァレンシア戦、高いパフォーマンスが問われる」


シュトゥットガルト戦での13分間の出場に続き、マインツ戦では15分間プレーし、1アシストをマーク。バイエルンのクラブ史上最高金額でビルバオから移籍したハヴィエル・マルティネスは、公式戦2試合を終え着々とチームに馴染んできている。ユップ・ハインケス監督によると24歳のマルティネスはまだ「順応期間」にあるというが、スペイン出身の若きタレントは日々チームに溶け込んでいる様子で、本サイトfcbayern.deでのインタビューでは「もう自分の庭のようだ」と語った。

19日(水)、ホームのアリアンツ・アレーナで今季のチャンピオンズリーグが開幕するが、初戦の対戦相手はよりにもよってスペインのFCヴァレンシア。本サイトfcbayern.deでは、この機にヴァレンシアと12度の対戦経験を持つマルティネスに話を聞いた。個人的な戦績は4勝6敗2分けと負け越してはいるが、アトレティコ・ビルバオの一員として戦った一番最近の対ヴァレンシア戦では、自らゴールを奪い勝利(3-2)に貢献した。

インタビュー:ハヴィエル・マルティネス

fcbayern.de:「ハヴィエル、ミュンヘンに来て早3週間が経とうとしているが、気分はどうだい?」
ハヴィエル・マルティネス:「とてもいいよ、ありがとう。それも周りのみんなのおかげだ。もう自分の庭のように感じている。みんなすごくやさしい」

fcbayern.de:「水曜日には、チャンピオンズリーグのグループステージが開幕するね。楽しみかい?」
マルティネス:「チャンピオンズリーグでのプレー経験がないだけに、とても楽しみ。僕らにとってはとても重要な試合になる。FCバイエルンは昨年のファイナリストであり、今季も優勝候補の一角だ。当然ながら(今大会も)好スタートを狙っている」

fcbayern.de:「対戦相手はよりによってスペインのチーム、FCヴァレンシア。特別な一戦になるのでは?」
マルティネス:「もちろんだ。何度も対戦しているし、相手のことは良く知っている。僕らに高いパフォーマンスが問われることは間違いない。相手は強豪だ」

fcbayern.de:「ヴァレンシアの特徴を教えてほしい」
マルティネス:「チームとして巧く連繋が取れた集団で、早いテンポのサッカーで圧をかけてくる。戦術面にも長けている」

fcbayern.de:「日曜には、革ズボンを履いての撮影会があったね。あのバイエルン特有の民族衣装は気に入った?」
マルティネス:「実に良かったよ。僕にとっては、実に新鮮な体験だった。着たのは初めてだけど、とても着心地がいいね」