presented by
Menu
深い悲しみ

FCバイエルン、ヴクチェヴィッチの回復を祈願

ボリス・ヴクチェヴィッチの交通事故のニュースは瞬く間にブンデスリーガ全体に広がり、全てのサッカーファンに大きなショックを与えた。それはFCバイエルン一同とて同じこと。FCバイエルンでは、全選手を含む全てのクラブ関係者が弱冠22歳のヴクチェヴィッチの回復を祈っている。ヴクチェヴィッチは、28日(金)に重大な交通事故を起こしてから、人為的に誘導された昏睡状態が続いている。

キャプテンのフィリップ・ラームはこう語った。
「チームを代表して、ボリスの回復を祈る」
FCバイエルンは、全選手とコーチングスタッフのサイン入りお見舞いメッセージをヴクチェヴィッチに贈った。ホッフェンハイム時代にヴクチェヴィッチとプレーした経験を持つトム・シュタルケこう述べた。
「私はボリスと2年間一緒にプレーした。事故のニュースを聞き、大きなショックを受けている。彼と彼の家族のことを思い、とても心配している」