presented by
Menu
「体調はいいよ」

アイルランド戦を楽しみにするシュヴァインシュタイガー

フランクフルトで行われているドイツ代表チームのトレーニング風景はまるでFCバイエルンでの光景のようだ。フィリップ・ラーム、バスティアン・シュヴァインシュタイガー、マヌエル・ノイアー、ジェローム・ボアテング、ホルガー・バドシュトゥーバー、トーマス・ミュラー、トニー・クロースら7名のFCB選手が月曜の夕方に行われたゲーム形式の練習ではイレブンの大半を占め、残りの選手たちはホテルで休息となった。

ワールドカップ予選のアイルランド戦まであと3日。その後、10月16日にはスウェーデン戦が控えている。金曜のアイルランド戦では、最近3試合を怪我のために欠場していたシュヴァインシュタイガーが、イエローカード累積によって出場停止となっているラームに代わって主将を務めることとなる。「すごくわくわくしながら飛行機に乗り込んだんだ。2試合とも、すごく楽しみにしてるよ。」と本人は話している。

シュヴァインシュタイガーを褒めるビアホフ

シュヴァインシュタイガーの復帰を喜んでいるのはドイツ代表チームも同じだ。「バスティアンは見事な選手だし、性格も良く、情熱にあふれている。」と、オリヴァー・ビアホフもべた褒め状態。特に昨シーズン終盤、FCBとドイツ代表チームに対するシュヴァインシュタイガーの貢献には目を見張るとのこと。「あれだけの課題を与えられながらも常に真剣に取り組み、ここ数年で素晴しい成長を遂げた。」と言葉を続けている。

今シーズンでもすでに力強いパフォーマンスを見せ、公式戦で得点も決めているシュヴァインシュタイガーは、明らかに今シーズンのFCBにおける成功の立役者だ。本人は、「僕らはいい調子だよ。」としながらも、「バルセロナやスペイン代表みたいに、僕らの上をいくチームだってある。でも、僕らもそのレベルを目指してるし、対等に戦えるようになるように頑張るつもりだよ。」とこの調子をキープしていくことが大切だと話している。

老将ジョバンニ・トラパットーニ