presented by
Menu
ダブリンで6得点

クロース2得点でドイツ圧勝

2014年ワールドカップ予選において3戦3勝のドイツ代表は、好調のままだ。ヨアヒム・レーヴ監督率いる代表は金曜日の夜、ダブリンでの試合でアイルランドを6対1で下し、グループC首位を勝ち点3リードでキープしている。2位のスウェーデンとは来週の火曜日にベルリンで対決する。

マルコ・ロイスが前半に2得点し、メスト・エジルの後半10分のペナルティーキックで、早々に試合の決着がついた。ミロスラフ·クローゼが4点目を決め、トニー・クロースが華麗な2ゴールでとどめをさした。ドイツはすべてにおいてアイルランドに勝り、ほぼすべてのチャンスをものにした。アイルランドは、アンディ・キーオがロスタイムに一点を返した。

ラームの出場停止とシュバインシュタイガー復帰

「今夜はとても集中できた試合だった。みんなが良い仕事をした。全体的に非常に良い方向に向かっている。しかし、優勝してトロフィーを手にするためにはもう一歩進まなければならない。スペインに勝つためには、すべての細かいところに完璧にこだわって行かなければならない」とバスティアン・シュバインシュタイガーは試合後コメントを残した。

フィリップ・ラームの出場停止に伴い、ジェローム・ボアテングが代わって右サイドバックに出場、シュバインシュタイガーがユーロ2012以来のキャプテンマークを受け継いだ。マヌエル・ノイアーはゴールを守り、ホルガー·バドシュトゥバーがディフェンスラインを統率、トーマス·ミュラーは右サイドハーフをつとめた。クロースは途中から出場した。


ロイス、前半ので2得点