presented by
Menu
ゴメス、マルティネス、ダンテ

今季初得点を決めた3選手のストーリー

土曜の試合の結果はFCバイエルンにとって非常に喜ばしいものとなった。ここ最近苦手としていたハノーファー96相手に5-0と大量得点で完勝したということだけでなく、この日ゴールを決めた3選手、マリオ・ゴメス、ハビエル・マルティネス、そしてダンテにとっては特別な思い入れのあるものとなっている。ここでは、それぞれ今シーズン初めての得点となったこの3名の昨日の得点にまつわるストーリーを紹介する。

ゴメス「幸せな気持ちが爆発」
途中交代で投入されてからわずか26秒後、天性のゴールゲッターは距腱関節の手術から3ヶ月半ぶりの出場が嘘であるかのように決勝点を奪い、最終スコアを5-0に吊り上げてみせた。もちろん、両腕を上げて大喜びするゴメス。「最高の気分だったよ。幸せな気持ちが爆発したって感じだね。3ヵ月半サッカーから遠ざかってた後にゴールを決めるのがこんなに最高だなんて、本当に信じられないね。(僕にとって)サッカーがどれだけ大切なものかがよく分かったよ。」と本人はゴールを決めた瞬間の気持ちについて試合後にコメントしている。