presented by
Menu
「完璧だった」

見事な出来のリール戦後のコメント

水曜の晩にチャンピオンズリーグのグループステージ戦でLOSCリール相手に6-1と大勝を収めたFCバイエルン。「教科書通りの見事なシュートがいくつも見られた。すべてに満足している。」と、監督のユップ・ハインケスも大満足している。

試合後のコメント:

ユップ・ハインケス:
「もちろん、チームの出来にはすべてに満足している。選手たちが非常にモチベーションに溢れ、集中してこの試合に臨んだということが分かってもらえたと思う。特に前半の出来は完璧だった。教科書通りの見事なシュートがいくつも見られた。また、今日はプレースキックの出来も久々に良かった。」:

フィリップ・ラーム:「早い時間帯にゴールを決めることができたし、その後もすぐに追加点を奪うことができた。こうなれば、勝負はあったようなもんだよ。僕らはどんな相手にも真剣勝負で臨むんだ。この調子をキープしていきたいね。しっかりと集中したプレーで、最初から全力を発揮することができたよ。それができれば、簡単になるんだ。」

バスティアン・シュヴァインシュタイガー:「今日は最高の試合ができたね。でも、簡単じゃなかったよ。最初から良いプレーをしなくちゃいけないってことは分かってたし、それを実行したまで。(この結果を)誇りに思って、大喜びしてもいいだろうね。監督に言われたことを実践することができたよ。イエローカードを受けるまでは本当にプレーを楽しめたよ。」

クラウディオ・ピサーロ:「本当に楽しいサッカーができたよ。最高のプレーができたし、最初から相手にプレッシャーをかけることができた。早い時間帯で先制点を奪うことが大切だったんだ。この調子をキープして、これからも勝ち続けていきたいね。」

アリエン・ロッベン:「本当に最高の試合になったね。ぴったりのタイミングでゴールを決めることができた。特に前半は完璧だったよ。とは言っても、浮かれ過ぎないようにしなくちゃいけない。この調子でこれからもいいプレーを続けていかなくちゃ。今日のリールはそれほど難しい相手じゃなかった。大切なのは、試合中に僕らがお互いをサポートし合ってるってことだ。今のところ、すべてが順調だよ。完璧な流れだね。この調子で、これからも毎試合こんなプレーを披露していきたいね。」

ルディ・ガルシア(リール監督):「前半はまるで悪夢のようだった。まるでユースチームが経験豊富なプロチームと対戦しているかのようだった。グループステージ残りの2試合では何としてでも勝ち点を獲得し、今日の汚名を返上したい。」